FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

風邪から学ぶこともある。 

何年ぶりかで風邪を引いた。
いや風邪は一年に一回くらいは引いていたが、仕事を休むほどのことはなかった。
声が枯れて出なくなり、熱が出た。
インフルエンザの疑いがあり、夜間救急病院へ自分で車を運転して行った。
結果は陰性。

鼻に綿棒を入れられてするインフルエンザの検査結果待ちの長椅子で、たまには熱を出すのもいいものだなんて変なことを考える。
誰かが、たまには風邪を引いた方がいいなんて言っていたような気もする。

ともあれ今までの人生でほとんどゼロに近いくらい病欠したことがないため、どうしたらいいのかアタフタあたふた。
体調悪い旨を伝えるに当たり対応してくれた人の本当の人間性が見えるような気がした。
こちらが体調が悪い時にこそ見える世界もあるんだなと思った。
風邪からさえも学べるのなら幸いである。

[edit]

tb: -- | cm: 0

SMILE (再掲) 

 Smile though your heart is aching
 Smile even though it's breaking
 When there are clouds in the sky,
  you'll get by
 If you smile through your
  fear and sorrow,
 Smile and maybe tomorrow
 You'll see the sun come shining
  through for you

 Light up your face with gladness
 Hide every trace of sadness
 Although a tear may be ever so near
 That's the time you must keep on trying
 Smile, what's the use of crying?
 You'll find that life is still worthwhile
 If you just smile.
               

         Geoffrey Parsons /John Turner
                  
-- 続きを読む --

[edit]

tb: -- | cm: 3

インクラビリ 

インクラビリ

イタリア語で不治の病

語感がいい

福岡伸一の本に出てくる


日本を取り戻すなんて言っているのがいるが

誰の所為で誰に奪われたのか

みんないずれ消えゆく

不治の病

[edit]

tb: -- | cm: 1

景色 

時に思う
この景色は私が望んだ景色かと
自由とはどこにでもあるようで
いつも選べなくて

眼下に広がる光は
いつまでも
そこにあるようで
まばたきを何度かすると
何処かへ消えて行ってしまいそうで

永遠があったとして
永遠に何を求めるのか
永遠がなかったとして
それを確かめる術は何処に

いつしか景色の渦に
飲み込まれ飲み込まれ
朽ち果てていくのは
私の方かそれとも景色の方か

[edit]

tb: -- | cm: 1

のびらかに 

大空に向かって伸びゆくいのちは
ときに臆病ないのち
少しわがままなくらいでいい
のびのびと生きてゆけ

宮澤賢治の理想のように
自分を勘定に入れないのは
美しいことだけれど
それは大人になって
分別がついてからでいいだろう
一瞬たりとも無駄な時間はない
なんてことは明日考えればいい

完成など求めても
生きている限り未完成
だから明日も生きてゆく
今日も明日も
少しわがままなくらい
のびのびと生きてゆけ


[edit]

tb: -- | cm: 3

世界地図

ブログ内検索

メールフォーム

カテゴリ

最近の記事+コメント

累積旅行者数

 【LINK】

RSSフィード