04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

夕焼け空 

夕焼けの向こうに
捨てたふるさとが
遠くうかびあがる

過去に服従し
現在を盲信
悲観する未来
美しいと感じたものは
みんなみんなどこへ行った
捨てたものに捨てられて

過去を乗り越え
現在に懐疑を抱き
未来を希求し地球を回せ
大事だと思う場所から
転げ落ちないように
行こう努めて軽やかに



スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: 18

アリバイ 

私がここにいることは
私が他のどこにもいないこと
あなたがあなたであることは
あなたが他の誰でもないこと
あなたがここにいないということは
いったいどういうことなのだろうかと
問うてみるのだが
本当は知っているのだ

心細さに
耐えかねて
落ちて沈んでいきそうな日
現在とは
過去から未来への
あなたの不在を
受け容れることなのだろう

蝋燭なのかフィラメントなのか
どこか遠くで眩く輝く不在を
今日もかみしめている
タグ: 失恋   

[edit]

tb: -- | cm: 6

鳳仙花 

季節外れに寒い日は
縮こまれ縮こまれ
発条を巻くように

気がつけば
いつもいつも今のまっただなか
迷子になった現実に
気づかぬ幼子のように
ただ立ち尽くす
どこへいけばいいのか
何を見ればいいのか

満たされぬおもい
乱されても
今は縮こまれ縮こまれ
いつか弾ける日を夢見て


[edit]

tb: -- | cm: 2

クローバー 

人影まばらな公園にキアゲハ
見つめる先に
シロツメクサは問いかける
四つ葉を探さなくていいのと

失うものを探しにきた旅だから
憂鬱を薔薇に変えてみせよう
メランコリーをブランコに乗せて
まだ雪の残る深く青い山の向うへ
幼い頃飛ばした短靴のように
そしてもっともっと遠くまで

飛んでく虫に
去りゆく虫に
きっと空はふさわしく
笑うでもなく塞ぐでもなく
ただただ広がっている

四つ葉を三つ葉に変えるように
失うものを探しにきた旅だから
四つ葉を探すのもいまは悪かない

[edit]

tb: -- | cm: 4

世界地図

ブログ内検索

メールフォーム

カテゴリ

最近の記事+コメント

累積旅行者数

 【LINK】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。