09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

旅愁 

風の音が聞こえない

川の音も聞こえない

そんなときは

どこか遠いところへ

朝焼けと夕焼けの

違いを

見に行こう

[edit]

tb: -- | cm: 6

«   |  恐れ »

コメント

マイルさんへ

行ってみたいけれど、なかなか行けないのです。

響わたる #- | URL
2006/11/20 17:06 * edit *

どこか遠いところに行ってみたくなる詩ですねww

風衣 舞髏 #- | URL
2006/11/19 23:11 * edit *

木崎至 さんへ

うつくしい詩をありがとうございます。
高村光太郎を思い出しました。

人生はよく旅にたとえられますが、本当の道とはなにかというとなかなかわからず、何かを求める過程そのものが道なのかなと思いました。
ありがとうございます。

響わたる #- | URL
2006/11/18 22:34 * edit *

いつもコメントをありがとうございます♪ 木崎です。
郷愁を覚える詩ですね。
私も詩を残してもよいでしょうか?

-------------------

旅に出る日を出発というなら、たどり着く日は何だろう。
そう問い続けて、歩を緩めず歩く道。
先に見えしは、日輪の沈み行く場所だけ。
けれど、旅は人に教える。
たどり着くだけが、旅ではないと。
歩く道の後ろにこそ、本当の道が続いているのだろうと。

-------------------
素敵な言葉を拝見しに、またお邪魔します。

木崎至 #1ysID9Ow | URL
2006/11/18 16:38 * edit *

凌月 葉 さんへ

どこまでも行ける翼。
凌月さんの世界の広がりが楽しみです。

響わたる #- | URL
2006/11/18 12:09 * edit *

思いを飛ばす

見たことのない景色

感じたことのない空気

触れた事のない匂い

旅愁は、この胸にいつもあるけれど


私には想像の翼があるので

今は、その翼に思いを乗せて

飛ばしてみようと思います

いつか、己が身を飛ばすことが出来る日を夢見て

凌月 葉 #PR6.u/TU | URL
2006/11/18 11:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

世界地図

ブログ内検索

メールフォーム

カテゴリ

最近の記事+コメント

累積旅行者数

 【LINK】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。