09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

場所 

見えない黒い悲しみが
見えない小さな喜びを
覆い尽くしてしまいそうな
そんなときには
思い出して
誰にでも待つ人がいること

待ってくれる人がいること
とてもうれしいこと
学校帰りにお帰りと
仕事帰りにお疲れ様と
あたたかく迎えてくれる

待ってくれる人がいること
とてもうれしいこと
思いはいつか届くかなと
今度はいつあえるかなと
焦がれる人がいる

そして
待っていた人がいたこと
そっと思い出して





[edit]

tb: -- | cm: 4

« 本意  |  リフレクション »

コメント

リルラさんへ

お元気ですか?

なんだかとってもうれしいです。
ありがとうございます。

響わたる #- | URL
2008/04/14 09:07 * edit *

HAPAさんへ

めがねがくもるイメージでしょうか。 
朝もおはようとまっているひとがいて、今待つ人がいないひとも、過去や未来にまってるひとがいると、すくなくとも、未来の自分は待ってるななんておもいます。

響わたる #- | URL
2008/04/14 08:59 * edit *




温かいものがどこにあるか
見失いそうでした。

でも、温かいもの思い出せそうです。

ありがとうございます。



リルラ #mWwgrZ42 | URL
2008/04/13 18:22 * edit *

孤独を感じるときとは

待ってくれる人がいることを
思い出せないときなのかもしれませんね。

ちなみに、この詩を読み
北海道を舞台にしたシチューのCMのような
情景をイメージしました。

わたるさんの北国のイメージがあるせいでしょうか。

HAPA #QH.WI0Dk | URL
2008/04/12 14:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

世界地図

ブログ内検索

メールフォーム

カテゴリ

最近の記事+コメント

累積旅行者数

 【LINK】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。