09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

走る 

気がつくと走っていた
湿った落ち葉の上を
雨は上がったばかりだろう

いつから走っているのか
そもそも誰かに追われているのか
誰かを追いかけていたのかさえ
思い出せない
ただ後ろが気になる

途中で転んだのか
膝頭に痛みがある
瘡蓋になりかけているようだ

立ち止まって
思い出そうと思っても
恐怖感が背中を押している

薄暗い木立の間を
いつまで
走り続ける

[edit]

« タイトルなし  |  あなたがいてくれるから »

コメント

こんにちは^-^

返事が遅くなってすみません。
こちらこそ、初めましてww

片思いだったころ、思い出していただけましたか。
あの詩は、この頃の私の思いをそのまま綴ったものですから、伝わって嬉しかったです。

是非、またいらしてくださいねvv

恋歌 #- | URL
2006/09/16 18:45 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hibikiwataru.blog54.fc2.com/tb.php/92-a208dbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界地図

ブログ内検索

メールフォーム

カテゴリ

最近の記事+コメント

累積旅行者数

 【LINK】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。